毛蟹の旬は?1番おいしい時期の毛蟹を食べよう!

  •  
  •  
  •  

毛蟹の旬は?1番おいしい時期の毛蟹を食べよう!

毛蟹の旬は?1番おいしい時期の毛蟹を食べよう!

北海道グルメは、毛蟹なしでは語ることができません。主な毛蟹の産地は、主に、稚内、雄武、網走などのオホーツク産、釧路、厚岸などの太平洋産、えりも産があります。基本的に、毛蟹は流氷などがなければ、ほぼ一年中獲ることができます。しかし、乱獲を防ぐため、地元の漁師たちによって、産地別に漁ができる時期が決められています。それぞれの漁期が分散されているので、毛蟹は一年中味わうことができます。港での漁期を知り、旬の時期を把握することによって、最高の味わいに出会うことができます。北海道では、甲羅の大きさが8cmのオスのみが収穫の対象となっています。
産地別の旬の時期といえば、えりも産は11~2月、オホーツク産は3~6月、道東産は9~10月ごろとされています。やはり旬の毛蟹は、殻の中にジューシーな身がぎっしりと詰まっていて、さらに濃厚な味噌もたっぷりと入っているので、食べ応えがあります。もちろん、産地に赴いて賞味するのが理想的ですが、昨今では冷凍の技術も向上しているので、いったん冷凍をした蟹でも、鮮度が落ちていないフレッシュな味を体験することができます。
食べ方は簡単で、少し多めの塩と入れたお湯でボイルをするだけです。身を殻に残さず食べつくすためには、殻をキッチンバサミで切って割ると良いでしょう。ポン酢か酢醤油を付けて味わうのが一般的ですが、鮮度の高いものは、なにも付けなくても美味しく食べることができます。

かに通販総合ランキング♪

メニュー

北海道グルメは、毛蟹なしでは語ることができません。主な毛蟹の産地は、主に、稚内、雄武、網走などのオホーツク産、釧路、厚岸などの太平洋産、えりも産があります。基本的に、毛蟹は流氷などがなければ、ほぼ一年中獲ることができます。しかし、乱獲を防ぐため、地元の漁師たち

 
レンズ交換