タラバ蟹のおいしいゆで方とは?茹で方ひとつでココまで違う!!

  •  
  •  
  •  

タラバ蟹のおいしいゆで方とは?茹で方ひとつでココまで違う!!

タラバ蟹のおいしいゆで方とは?茹で方ひとつでココまで違う!!

タラバ蟹は何と言っても存在感が他にないカニの王様です。
どんな食べ方をしても甘みとあの身の詰り感は他では味わえません。お店でしか見た事がない水槽内で動いているタラバ蟹を見た事はありますか?甲羅や足はゆでていない生の状態では黒むらさき色をしています。それがゆでた途端に全部が真っ赤にそまります。
タラバ蟹の調理方法としては一般的に鍋物にしたりそのまま豪快にゆで上げた足にかぶりついたりとどんな食べ方でも美味しいのですが、やはりこの大きさを味わうにはゆでて存在感が半端ではない素材そのものの味を楽しむことではないでしょうか。
タラバ蟹のゆで方には2通りあります。まずは中身のミソなどの内臓を抜かずにゆでる方法と、内臓を取り省いてのゆで方です。
甲羅が全て入る大きさの鍋に湯を沸騰させ1Lあたり30から40gの塩を入れます。その後再沸騰させて1.5kg未満は25分1.5kg以上は35分くらいを目安にゆで上げてください。内臓が抜いたものですとその後冷凍保存も出来ます。
ゆで方としては特別なことはありませんので調理方法としては一番楽な食べ方です。
調理方法は簡単ですがすべてが入る大きい鍋が用意できない場合は、足を根元から切り取って関節で切り分けてください。関節で簡単に分けることが出来ます。
一見面倒くさそうなタラバ蟹の調理ですが、調理方法は至ってシンプルです。ゆで方にも気を使う場面もあまりございませんので、気軽に調理してみてはいかがでしょうか。

かに通販総合ランキング♪

メニュー

タラバ蟹は何と言っても存在感が他にないカニの王様です。 どんな食べ方をしても甘みとあの身の詰り感は他では味わえません。お店でしか見た事がない水槽内で動いているタラバ蟹を見た事はありますか?甲羅や足はゆでていない生の状態では黒むらさき色をしています。それがゆでた

 
レンズ交換