ワタリガニの鍋にしよう♪安くておいしいワタリガニの選び方!

  •  
  •  
  •  

ワタリガニの鍋にしよう♪安くておいしいワタリガニの選び方!

ワタリガニの鍋にしよう♪安くておいしいワタリガニの選び方!

ワタリガニと呼ばれる蟹については、ガザミやイシガニがあります。一般の店で広く出回っているのはガザミのほうで、甲羅がギザギザしているのが特徴です。脚やハサミの部分には身は少ないのですが、甲羅の部分には濃厚な味のカニミソがたっぷりと詰まっていて、メスの場合は時期によっては卵を持っていることがあります。中華料理では、ぶつ切りにしたワタリガニを油通しにしてから、豆鼓を使った合わせ調味料を入れて炒める料理が美味しい食べ方として浸透していますが、日本では味噌汁が最も親しまれている食べ方です。

ワタリガニの味噌汁を作るときには、前もってダシを取る必要がないため、短時間で手軽に作ることができるのです。殻の部分からいいダシが出て、香りも引き立ちます。ワタリガニは、食べやすい大きさになるようにぶつ切りにします。甲羅の部分は完全な状態で残すようにすれば、見た目が特に美しいものになります。鍋で湯を沸騰させたら、新鮮なワタリガニのぶつ切りを入れていきます。煮込んでいるときには、浮いてくるアクを丹念に取り除くようにします。途中で日本酒を少し入れると風味が増します。

火が十分に通ったら、味噌を入れていきます。味噌を入れたら煮立たせずにすぐに火を止めて、椀に盛りつけます。殻の見栄えがよくなるように、甲羅を真ん中に入れてから汁を注ぎます。味噌汁にする食べ方をすると、蟹の美味しさがよく分かります。ズワイガニなどとは違った美味しさがあることが分かりますが、特にカニミソの濃厚な味がたまらなく美味しいのが魅力です。

かに通販総合ランキング♪

メニュー

ワタリガニと呼ばれる蟹については、ガザミやイシガニがあります。一般の店で広く出回っているのはガザミのほうで、甲羅がギザギザしているのが特徴です。脚やハサミの部分には身は少ないのですが、甲羅の部分には濃厚な味のカニミソがたっぷりと詰まっていて、メスの場合は時期に

 
レンズ交換